2018年8月8日水曜日

WCCF FOOTISTA はインサイドハーフ、センターハーフが化けるかもしれません。

WCCF FOOTISTAですが

センターハーフとインサイドハーフの

パラメーターバランスが結構いじってあります。

モドリッチ(WORLD STAR)を例にあげると

71/70/87/65/80/83/456となっています。

各パラメーター100点満点基準になっているので

現在排出されている

モドリッチ(POY)のパラメーターを

単純に5倍した数値を出してみると

85/60/100/65/85//90/485

全体的に現行排出のモドリッチの方がインフレ気味ですが

それを差し引いても私が注目したのは

ディフェンスのパラメーターの増加です。

現行WCCFではインサイドハーフやセンターハーフで

ディフェンス値10~12前後の選手

(ランパード、ジェラード、イニエスタ、

シャビ、モドリッチ、ト二・クロース等)は

プレスに積極的にいかないことが多かったのですが

モドリッチをWCCF FOOTISTA内で

インサイドハーフとして使うとかなり守備をしていました。

ジェラードやランパードがWCCF FOOTISTA内で

登場できるかどうかわかりませんが

彼らのパラメーターバランスに変更があり

動きが変わるようであれば

守備専のMFありきな現行WCCFと違った

中盤の構成を編成することもWCCF FOOTISTA内では可能かもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿